おばあちゃんのうちのような懐かしい感じ。手芸用品・ フォークロア・ヴィンテージ &セレクト雑貨。ロシア・東欧をメインに猫好き店主が営む online shopです。
  1. ホーム

【チェコ】藍染め 民族衣装のスカーフ C

 チェコに19世紀から伝わる藍染め技法。
 工房と、工房のある地域それぞれにのこるオリジナル図案でできた
 大判のスカーフです。

 民族衣装の写真集や古いカードなどで、
 頭に藍色のスカーフを巻いているのは
 こうした藍染め生地からつくられたスカーフだそうです。

 現代ですと、スカーフのほかテーブルクロスにしたり
 窓辺のカーテンがわりにふわりとかけたり
 いろいろな使い方ができますね。

 ハンドプリントによる、トラディショナルな2つのパターンの組み合わせが
 美しい一枚です。

 サイズ 65 × 65 cm


< 藍染め製品 ご使用上の注意点 >
 ・色移り ほかの衣類に色移りする場合があります。白いお洋服などは十分ご注意ください。 
 ・色落ち 雨の日や汗をかいている時など、湿った状態では色落ちする事があります。 
 ・お洗濯時の色移り 藍染め製品をお洗濯すると他の衣類に色が移る事があります。色が落ち着くまで、お洗濯時は分けて洗うことをおすすめします。

■ ■ ■ 藍染めについて ■ ■ ■
虫除け効果が高く、古くから染色植物として重宝されてきたタデ科植物・藍(indigo インディゴ)。紀元前2,000年前の中国では『防染法』と呼ばれる糊と藍を使用した白抜きの藍染が行われていました。シルクロードを渡りヨーロッパへこの藍染技法が伝わったのは18世紀のこと。まず貴族の間で珍重され、技術の発達と共に庶民の間に広がっていきました。地域ごとに異なる藍染の型(パターン)は民族衣装にも活用されるように。19世紀になると工場での大量生産が主流となり職人の手を離れていった藍染。東欧諸国がソ連の影響下に置かれた冬の時代には伝統手工芸は弾圧を受け藍染工房や型も破壊されました。チェコ国内でも藍染は廃れていき一部の藍染職人達が守りぬいた型だけが現存しています。ソ連崩壊で国内情勢が安定してきた今、チェコでは伝統工芸を見直す動きが起きています。

型番 T4
購入数

売り切れ

この商品を買った人はこんな商品も買っています

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Mobile Shop
QR